Let's Enjoy エルグランド
【DIY】


シフトインジケーターランプLED化




【1】シフトインジケーターの電球

写真がシフトインジケーターに使われている電球です。
私は交換作業に入る前に、一度メーターをばらしてどんな電球(ソケット)を使っているのか確認しました。(もちろん二度手間ですが・・・)
失敗してもいいように、日産で電球を8個購入して作業に取り掛かりました。
【2】ソケットから電球を外す

電球の細いリードがソケットに巻かれているだけなので、簡単にばらせます。
【3】LEDでポジション球を製作

準備するものは、3mmLED(色は好みで)、CRD又は抵抗、拡散キャップ、工具。
私は、赤、白、青のLEDに白色拡散キャップを付けました。色付き拡散キャップだと、LED本来の色が出せないと思ったから・・・。
【4】出来上がったポジション球

写真はLEDに拡散キャップ(白)をかぶせた状態です。
【5】大きさ比較

左がシフトポジション球、右2個は、エアコン照明の電球。エアコンの電球より、ひとまわり小さいです。
【6】ステアリングコラムカバー取り外し

さていよいよ車内の作業です。エンジンは止めておく、これ原則!!
まず、ステアリングコラムカバーを外します。見てわかるとおり、6箇所、ネジで留まっています。それを外し、キーシリンダーの外側リングも外せば、カバーは外れます。
【7】アンダーカバー?を外す(1)

ボンネットオープナーと、FUELリッドオープナーの固定ボルト各2本を外します。(写真赤○部)
次の写真のように、左下にもネジが1個あるので、これも外します。(パーキングブレーキリリースレバーの下あたり)
【8】アンダーカバー?を外す(2)

ネジ、ボルトが外れたら、アンダーカバーを手前に引っ張ると外れます。
ここで注意する事は、右側にヘッドライトのレベライザーのスイッチと、左側にATのモードスイッチがある為、あまり引っ張ってしまうと配線に負担がかかってしまいます。その為、アンダーカバーが外れ、隙間が出来たらコネクターを外します。
【9】メーターフード取り外し

メーターフードに2箇所ネジがあるので、外します。
ネジが外れたら、手前に引っ張るとメーターフードが外れます。
【10】メーターの取り外し

写真の状態になったら、赤○部のネジ3箇所を外します。
メーターを手前にずらし、裏側のコネクター3個を外せばメーターは自由になります。
【11】ポジション球を外す

写真赤○部の6個が、シフトポジション球です。
これを外し(45度くらい回転させる)、最初に作っておいたLED球を取り付けます。(LEDには極性がある為、+,-を間違えると点灯しません)
メーター外枠の爪(透明、黒の両方)を外し、メーター本体を外します。
【12】インジケーターシート取り外し

真ん中のシフトインジケーターのシートを2枚外します。(「P」,「R」,「N」・・・の文字が印刷された透明シートと、黒地に緑のシート)
透明シートはそのまま使いますが、黒地に緑のシートの代わりに、ぼかしの入ったシートを挟む必要があります。私は、MDのケースにちょうどぼかしが入っていたので、切り取って更に、スモークフィルムを貼って使いました。
【13】ちょっといっぷく??(予定外)

日産に電球を買いに行くときタイミングよく? オド/トリップメーターのバックライトの電球が切れました。ついでにここもLED化する事に。。
この電球はシフトポジション球よりひと回り大きい為、現物を加工する事になりました。
使用したLEDは、5mmの青に白拡散キャップです。
写真は点灯状態です。
【14】メーター取り付け(1)

一通り交換作業が終えたら、逆手順で組み付けていきます。メーターにコネクターを繋いだらキーを回してシフトレバーを操作し、ちゃんと点灯するか確認します。(注意:エンジンはかけません)
問題無ければ、全て元に戻します。
写真ではオレンジ色に見えますが、実際はパーキングブレーキランプや、シートベルト警告灯の様な赤色です。
私は「P」,「R」に赤LEDを使いました。
【15】メーター取り付け(2)

写真は「N」です。ここは、白LEDを使いました。
【16】メーター取り付け(3)

写真は「D」です。「D」,「2」,「1」には、青LEDを使いました。
実際はもっと濃い青です。
これだけでも、雰囲気が全く変わりますよ。





メインページへ        DIYメニューへ


当ホームページ記載事項は、あくまでも参考とお考え下さい。
作業にあたり発生した事故、破損等一切責任は負いかねます。
作業する場合は、自己責任のもとで実行して下さい。

Let's Enjoy エルグランド
by まーくんパパ