Let's Enjoy エルグランド
【DIY】


DIY用 小道具



“車いじり(DIY)”を行う上で、やはり工具は不可欠。
たとえ安い工具でも結構使えます。ちなみに私の工具は安物ばかりです・・・。
作業をするに当たり、一通り使用する工具を予め用意し取り掛かると作業がはかどります。




ドライバー、他

左から、 ドライバーセット、ドライバー&ビットセット、特大 + ドライバー、内張り外し、ペンチ。

ドライバー&ビットセットと、その下の曲がったドライバー(オレンジ、黄色)は、狭いスペースの作業用。
ちなみに、ドライバー&ビットセットは、ラチェットになっているので、とてもありがたいのだ。

特大 + ドライバーは、大きいサイズのネジ(ボルト)に使う。これがまたいい仕事するんだな〜。

内張り外しは、車をいじるなら持っていて損は無し!!
ソケットレンチ

これも車をいじる上で、必要不可欠な工具。

ラチェットタイプなので、作業性は良好。
是非持っていたい工具の一つ。
穴あけ用工具

左から、 リーマ、キリ(ドリル)、充電式電動ドリル。

リーマは、穴のサイズの微調整に使用。 電ドル買う前は、これで穴を開けていた。

キリは安物です。。

さて、この電ドル君・・・こいつがくせ者で、スタミナ無さすぎ。。
数箇所の穴あけなら問題ないが、穴数が多い場合は厳しいものがある。。
充電に数時間。。 連続使用で数分・・・。

コード式の電ドルに浮気しちゃうぞ!!
↑けっこう本気だったりして。。。
浮気しちゃった(汗)

いつもホームセンターで、¥2,980- だった。
¥1,980- で売られるのをず〜っと待っていた。。
過去に何度か¥1,980- で安売りしていた事があったので、それを狙っていた。

そしたら、正月明けの初売りで¥1,780- と広告に!!


もうね〜、当たり前のように買いに行きました。

やっぱいいね。   いいよ。。
加工用工具(切削)

左から、 ルーター、アクリルカッター、ヤスリ(丸、平)、ニッパー、カッター。

この中で是非必要なのは、ヤスリ、ニッパー、カッターかな。
他は無くても問題ない。。
配線用工具&配線部品

左から、 圧着ペンチ(端子セット)、配線、エレクトリックタップ、配線押さえ。

圧着ペンチ、端子セットは、是非欲しいところ。電装系いじる場合、必ず配線作業が必要になる。
その際、ギボシ端子などを使うと、部品の脱着や、追加が楽に行える。

配線は、ホームセンターでメーター売りしているのを“50m”購入したもの。
太さは、手頃な “0.3sq”
あまり容量の大きいものには役不足だけど、LED の配線くらいなら全く問題なし。
まだまだいっぱいあるよ〜!!
テープ類

左から、 両面テープ、ビニールテープ(絶縁用)、両面テープ(薄)、両面テープ(スポンジ、厚)、ガムテープ。 手前も両面テープ。

ガムテープが、何故“赤”なのか・・・。
それは・・・・・
シール、接着

左から、 バスコーク、グルーガン、グルースティック。

グルーガンは、いろんな呼び名がある。
形は殆ど同じ。
また、グルースティックには、「透明」、「半透明」、「白」があった。
巷で「ホットボンド」と言われているのは、コイツか!?

これらは絶縁や、防水加工に使われる。
ホットボンドは、接着などにも使える。
便利な世の中になったもんじゃの〜。。。
ハンダゴテ、ホットナイフ

左から、 ハンダゴテ、ホットナイフ、ハンダ。

ホットナイフは、ハンダゴテの先端にカッターの刃がついているもの。
要は、“溶かして切る” 道具。
使ってみた感想は『ふ〜ん・・・』 だった。
サクサクいけるかと思ってただけに・・・
LED (Flux LED 、砲弾型LED)

砲弾型LED は、一般的に指向性が強くスポット的な照射になる。物によっては真正面からは直視できない。
また、プラス・マイナスがわかりやすいので、はじめは砲弾型で練習するのもいいかも??

Flux LED は、一般的に広角の為、広く照らしたい場合に最適なLED。
また、4本足なので基盤に組む際、水平が出しやすい。
ただ、私と一緒で“足が短い” ため、LED を密着させる形になってしまう。
CRD 等の余って切り落とした足を保管しておけば、繋ぎに使えるよ。。
基盤

左から、 基盤の大、小。

この基盤の大は、私の手のひらより少し大きいくらいかな??
LED 部品

左から、 拡散キャップ(砲弾型3/5mm LED 用)、定電流ダイオード CRD E-153 、CRD E-103 、整流ダイオード。
私は “CRD 派” の為、抵抗は持ってないです。

はじめは拡散キャップをナメていたが、下手に LED を削るよりはるかに綺麗に拡散する。

整流ダイオードは電流の逆流を防止する働きがある。
CRD は、プラス・マイナスを逆に繋いでしまうと電流制限しない為、LED の破損に繋がるので ご注意を!!
点灯テスト用アダプタ

LED 製作段階で、点灯テストする為に作ったもの。
アダプタは、12V 700mA 用を購入して、写真のような回路を作った。

20mA 、15mA の端子は、LED 単品でテストする為のもの。
下の 700mA の端子は、出来上がった回路(CRD 組み込み後)のテスト用。(電流制限は回路の CRD で行う)

これが結構使えるんだなぁ〜。。
点灯テスト用アダプタ Ver-2

今までのものは基板部分が大きく、リード線も動いてしまうので素線が切断しているところもあった。
その為、Ver-2として改良したのだ。
点灯テスト用アダプタ Ver-2

基板は小さめにし、CRDも以前のE-103(10mA/1本)からE-153(15mA/1本)へ、パワーアップ。


写真の回路で・・・
“ギ”端子には、アダプター出力の700mAをそのまま出力。
“ボ”端子はCRD E-153×2 で30mAを出力。
“シ”端子はCRD E-153×1 で15mAを出力。

基本はVer-1と一緒だね。


あとはリード線の根元部分をホットボンドで固定したのだ。



ここまでそろえる必要は全くありません。
私の場合、足回りやエンジンなど、メカ的なことがわからないし、
そこまで自分でいじるつもりもないので、工具としては小物ばかりが揃いました。
また新しい仲間が増えたら、ご紹介します。。

最後に・・・

ホームセンター  サイコ〜〜!!




メインページへ        DIYメニューへ


当ホームページ記載事項は、あくまでも参考とお考え下さい。
作業にあたり発生した事故、破損等一切責任は負いかねます。
作業する場合は、自己責任のもとで実行して下さい。

Let's Enjoy エルグランド
by まーくんパパ